自分にぴったりのオアスロウジーンズの選び方

オアスロウ
Categories

Made in Japanの職人技が光る「orSlow」ジーンズ。

1本1本、人の手によって造られた丁寧な仕上がりに、定評があります。

真心こもったジーンズだからこそ、しっかり選んで長く愛用したいですよね。

今回の記事では、あなたのこれからのお共として大活躍すること間違いなしのorSlowジーンズの選び方をまとめました!

スポンサーリンク

オアスロウジーンズの特徴と定番モデル

オアスロウジーンズの特徴は、過去の逸品であるジーンズのベースとなる部分は残しつつ、現代風にアレンジしていることです。過去の逸品を当時そのままに再現しているジーンズもあります。

そのこだわり様は、糸や染料を選び、生地を作り出すことから始まります。

製法にいたっても、今では生産されていないクラシックミシンを使って作業しています。

仕上がりには、ノスタルジックな雰囲気がありながらも、品が感じられます。

 

 

特に、定番モデルである「107」「105」シリーズには、オアスロウジーンズの特徴や魅力が、余すところなく詰まっています。

ジーンズの幅も太すぎず細すぎず、現在のトレンドとしても納得できるデザインです。

両モデルとも、生地が厚めで柔らかく、腰回りの締め付け感が少ないので、履き心地についても、大満足できます。

 

スポンサーリンク

オアスロウジーンズのモデルの選び方

・トレンドに敏感なお洒落さんには→「107」「105」

・自分らしさを大切に、気に入ったものを愛用し続けたい方には→「Painter Pants」

・カジュアルの中にも個性を楽しみたい方には→「Billy Jean」

 

【107】

https://www.instagram.com/p/BoBdPLZnOkQ/?utm_source=ig_web_copy_link

【105】

トレンドに敏感で、ビックシルエットオーバーサイズの服と合わせたい方には定番の「107」や「105」がおすすめです。

どちらもシンプルなデザインなので、体のラインが綺麗にでます。

「107」は105と比べると、裾に向かってやや細いデザインになっています。目線が自然と足元にいくので、お洒落のポイントを靴やソックスに持ってくるのも良いですよ。

「105」はストレートデザインが特徴です。自分にぴったりのサイズを選んでも大きめのサイズを選んでも、もたつかずに着られます。

 

【Painter Pants】

 

※Rakutenより画像を引用

【楽天市場】エラー

履きこめば履きこむほど味わいがでるのが「Painter Pants」の魅力の1つです。

丸みのあるバックポケットに特徴があり、ツールポケットやハンマーポケットもしっかりと再現されています。

カジュアルにさらっと着こなしたい方にもおすすめです。

 

【Billy Jean】

ジーンズをお洒落のポイントとして見せたいなら「Billy Jean」がおすすめです。

他のモデルとは一味違う独特のシルエットなので、個性が光ります。

小柄な人でもバランス良く着れるのが、嬉しい特徴です。

 

スポンサーリンク

オアスロウジーンズのサイズの選び方

オアスロウジーンズは、全体的に生地がやわらかめの印象です。

ジャストサイズでもきつくなく、履きこむうちにウエスト周りがゆるく感じられる場合もあります

極端に自分とは違うサイズを選ばない限り、野暮ったくなることもありません。

しかしオアスロウジーンズは、ジーンズのモデルによって型が違うので、履いた時のサイズ感が全てことなります。

体に合ったサイズを選ぶという意識よりも、試着をしたときの見た目の印象を重視して選ぶと、自分に合ったテイストの服ともバランス良く着られますよ。

Comments

Translate »