ヒステリックグラマーのコーディネートはこうやろう!特集

HYSTERIC GLAMOUR
Categories
「衝動買いしたけど、自分の持ってる服に合わなかった!」
「合わせ方がわからず、タンスの肥やしに」
「コーデがワンパターンになりがち」

誰もがある経験ではないでしょうか?

今回はヒスジーンズタイプごとのコーデを提案!
ヒス慣れしていない人でもできるものばかりなので要チェック!

 

スポンサーリンク

①ヒステリックグラマーの定番モデルをおさらい

まずは、ヒステリックグラマーのジーンズの定番のタイプをおさえておきましょう!

 

定番①:抜群にカッコイイ細見えシルエット

この商品は売り切れなどの理由により表示しておりません - ZOZOTOWN

 

「ヒスのジーンズが好き」というファンがいるほどヒスジーンズのシルエットはかっこいいと評判。
スリムフィットは生地にストレッチが効いていて見た目を裏切る履き心地

全身をスマートに見せてくれるこのモデル1本あればコーデには困らない

 

定番②:ロックでエッジの効いたダメージ加工

 

KPR加工ISKOデニム リメイクスリムパンツ(デニムパンツ)|HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)のファッション通販 - ZOZOTOWN
【ZOZOTOWN】HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)のデニムパンツ「KPR加工ISKOデニム リメイクスリムパンツ」(0261AP14)を購入できます。

 

ヒスといばロックなダメージ加工
シンプルなスタイルでもコーデを引き立ててくれる主役級のジーンズ
計算されたデザインが他のジーンズと差をつけてくれる。

 

定番③:リアルなヴィンテージ加工

 

この商品は売り切れなどの理由により表示しておりません - ZOZOTOWN

 

デザインだけでなく、それを叶えるために研究されたヒスのヴィンテージ加工はどこか上品さも感じる色合い

着古された古着のくたびれや生地が弱った感じはなく、長く付き合っていける1本

 

どうでしょうか、ヒステリックグラマーのジーンズ、履きたくなってきませんか?

 

スポンサーリンク

②ヒステリックグラマー のコーディネート

ヒステリックグラマーにまだ慣れていない人でもできるコーディネートをご紹介していきます。

 

コーディネート①

HIDE(HYSTERIC GLAMOUR名古屋店)|HYSTERIC GLAMOURのブルゾンを使ったコーディネート - WEAR
HYSTERIC GLAMOURのブルゾン「TRANS LOVE ACADEMY刺繍 ZIPアップリブジャケット」を使ったHIDE(HYSTERIC GLAMOUR名古屋店)のコーディネートです。WEARはモデル・俳優・ショップスタッフなどの着こなしをチェックできるファッションコーディネートサイトです。

ジーンズが全体をかっこよく仕上げてくれています。
ハード系のアウター、トップスとも相性がいい。

 

コーディネート②

kokohei(HYSTERIC GLAMOUR池袋パルコ店)|HYSTERIC GLAMOURのデニムパンツを使ったコーディネート - WEAR
HYSTERIC GLAMOURのデニムパンツ「SU加工ISKOツイル スリムパンツ」を使ったkokohei(HYSTERIC GLAMOUR池袋パルコ店)のコーディネートです。WEARはモデル・俳優・ショップスタッフなどの着こなしをチェックできるファッションコーディネートサイトです。

モッズコートのボトムは細見のほうがメリハリがでて遠目にみてもかっこいい

黒にダメージ加工というところが大人な感じも演出。

 

 

コーディネート③

https://wear.jp/sp/newtpy/13568639/

ニットにスリムなデニムスタイルでとてもスマート
ボトムの色が重たくても赤色のトップスとあうのはシルエットがきれいなのもあるはず。

同じアウターでこんなコーデも…

 

コーディネート④

https://wear.jp/sp/mitu666/13558490/

細見のシルエットがボリュームのあるアウターと存在感のあるスニーカーの調和をとっている感じ。

こちらもメリハリがあってかっこいい。
アウターを脱いでシャツ+ジーンズになればスッキリカジュアル

 

コーディネート⑤

https://wear.jp/sp/agts_dayo/13568602/

同じアウターでもヴィンテージ効果でアウトドア感が。

キマりすぎていないけれど、かっこよさも残り好感度が高いポイント。

 

スポンサーリンク

③ヒステリックグラマーのコーディネートについて思うところ…

ヒスのジーンズを使ったコーデについて個人的な提案を…。

ヒスジーンズは多くの人が持っているヒスのブランドイメージよりも幅広いコーデができると思います。
カジュアルにも着られるし、パンクにも仕上げられる

ハードに着こなしたい、ボリュームのあるトップスとあわせてパンクスタイルにしたいと思う人はやっぱりダメージジーンズが面白いそう。

冬場のボリュームのあるスタイルでは難しそうと思っていたのですが、案外ライダース、モッズコートとあわせてもスマートな印象に。

 

スキニーはやんちゃっぽさを演出してくれるので、逆に大人っぽいコーデが好きな人にはあんまりかなーと思うんです。

 

個人的にヴィンテージのジーンズはTシャツにサラッとあわせるのがかっこよくて好みですが、「ジーンズ恥ずかしい」と思い始めた年代の人にもオススメしたい。

 

ベスト、ダウンとあわせるとアウトドアっぽさがでてフランクな印象に。

年代を問わず履けるという意味で一番長く穿けるかも。

 

古着っぽいダボつきのないデザインと、品質はお墨つきなので野暮ったくならずに、さりげなく大人の雰囲気も出せると思います。

ストレート、スリムフィットのロウジーンズが一番カジュアルに、スマート、きれいめとジャンルを選ばない万能さを発揮。

言ってしまえばノーマルのジーンズなのかもしれませんが、やっぱりシルエットが抜群にかっこいい

 

ただし、スリムフィットはトップスによってはちょっとキマりすぎになる気も。

個人的にはシンプルなスタイルとあわせたほうが好きです。

 

ヒスのトップスは派手なものが多い。
ジーンズもそれにあわせやすくデザインされていると感じました。
全身ヒスのコーデはやはり、ロックさ90年代っぽさがあります。
自分の持っている服とあうものでジーンズを組み合わせるのが一番自分のスタイルにマッチするはず。

Comments

Translate »